明治26年に名古屋市西区で生まれた創業者の志賀八五郎は、幡豆郡三和村の矢作古川沿い(現在の西尾市)の水車小屋での修行を終えると、大正6年に妻子とともに蒲郡に移り製粉製麺業を始めました。

三河湾を望む蒲郡では、海風に乗って飛翔するトンビの群れをよく見かけます。
八五郎は空高く舞う姿に事業の夢を重ね、小麦粉のマークを「トビ印」と定めました。

まもなく「トビ印」の小麦粉は、小麦の風味と香りの良さで評判となりました。
一方、名古屋城の「金鯱(きんのしゃちほこ)」は八五郎にとってはふるさと名古屋の誇りでした。

八五郎は「金鯱」への憧れと、神武天皇の「金鵄(きんとび)」の故事にならって、最高品質の小麦粉を「金トビ」と名づけて売り出したところ、大変な評判となりました。
そのため、八五郎が作る風味の優れた乾麺は特に「金トビめん」と呼ばれるようになり、創業90年をこえるいまもなお、多くの皆様にご愛顧いただいております。
会社名 株式会社 金トビ志賀
本社及び工場 〒443-0032  愛知県蒲郡市丸山町4番38号 [地図]
TEL 0533-69-3111(代)  FAX 0533-69-3119
浜町工場 〒443-0036 愛知県蒲郡市浜町95番地1号 [地図]
TEL 0533-67-3197(代)
名古屋営業所 〒466-0001  愛知県名古屋市昭和区車田町1-17 [地図]
TEL 052-731-4414
営業品目 小麦粉・乾麺の製造販売
創業 大正6年
創立 昭和25年1月30日
資本金 4,792万円
代表者 取締役社長 志賀 重介
主要取引先 各地特約店  通販顧客8,400名様
トップページ | 会社概要社長挨拶沿革工場紹介 製粉工場工場紹介 製麺工場プレスリリース | 金トビめんホームページ | リンク
小麦粉 商品一覧金トビめん(乾麺) 商品一覧小麦粉 こだわり金トビめん(乾麺) こだわり
愛知ブランド企業サムライ日本プロジェクトモンドセレクションISO9001取得ファミリー・フレンドリー企業おいしいうどんラボ
Copyright(C) Kintobi Shiga Co.,LTD. All Rights Reserved.