金トビ志賀オフィシャルサイト会社案内

経営理念

細く、永く、美味しく

私たちは粉と麺で地域に貢献し、お客様の信頼にこたえて、
おいしい笑顔を世界に広げます。

社長挨拶

社長挨拶

粉と麺で地域に貢献し、お客様の信頼に応えて、
おいしい笑顔を世界に広げてまいります

当社は全国でわずか数社の「うどんこ屋(麺用粉専門の製粉会社)」です。
また「金トビめん」は自社製粉した1万2千粒の小麦一粒一粒から丁寧に造られています。
創業者が石臼で挽いていた頃から「小麦の甘い香り」「味のある小麦粉」「安定した品質」と高く評価され、愛知の「名古屋めし」のきしめん、味噌煮込みうどんを陰で支えてまいりました。
今ではその技術を麺以外にも活かし、パンケーキ、スコーン、ワッフル、餃子の皮、中華まん、どら焼きなど、従来の「うどんこ」の枠を超えて用途が広がっています。私たちは粉と麺で地域に貢献し、お客様の信頼に応えて、おいしい笑顔を世界に広げてまいります。

金トビの由来

空高く舞うトンビ

空高く舞うトンビの姿に夢を重ねて

明治26年に名古屋市西区で生まれた創業者の志賀八五郎は、大正6年、妻子とともに蒲郡に移り製粉製麺業を始めました。三河湾を望む蒲郡では、海風に乗って飛翔するトンビの群れをよく見かけます。八五郎は空高く舞うその姿に事業の夢を重ね、小麦粉のマークを「トビ印」と定めました。さらに、ふるさと名古屋の誇りである「金鯱(きんのしゃちほこ)」と、神武天皇の「金鵄(きんとび)」の故事にならい、最高品質の小麦粉を「金トビ」と名づけて売り出しました。
 優れた風味で大変な評判となった八五郎の乾麺は、特に「金トビめん」と呼ばれるようになり、創業100年を迎えるいまもなお、多くの皆様にご愛顧いただいております。

会社概要

会社名 株式会社 金トビ志賀
営業品目 小麦粉・乾麺の製造販売 宅配水の販売
創業 大正6年
創立 昭和25年1月30日
資本金 4,792 万円
代表者 代表取締役社長 志賀重介
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行・蒲郡信用金庫

事業所

本社・製粉工場
本社・製粉工場

〒443-0032
愛知県蒲郡市丸山町 4 番 38 号
TEL 0533-69-3111(代)
FAX 0533-69-3119
日産設備能力 100t
※日産 4,000 袋 /25kg
ISO9001 取得

浜町工場(乾麺)
浜町工場(乾麺)

〒443-0036
愛知県蒲郡市浜町95番地1号
TEL 0533-67-3197(代)
日産設備能力 7.2t
※日産 1,200ケース/6kg
ISO9001取得 HACCP認定工場

海都工場(半生麺)
海都工場(半生麺)

〒443-0036
愛知県蒲郡市浜町95番地1号

豊橋工場
豊橋工場(生麺)

〒441-8083
愛知県豊橋市東脇3-10-5
電話 0532-31-4558
FAX 0532-32-4339
ISO9001取得

名古屋営業所
名古屋営業所

〒466-0001
愛知県名古屋市昭和区車田町 1-17
電話 052-731-4414
FAX 052-731-0524
ISO9001取得